大手地銀、下田支店の現調

Oct 24, 2013

 

SONY DSC

この日は静岡県内の大手地銀様からの依頼で、当行の下田支店へコミュニティシェルターの設置可否を検証に伺いました。3.11以降金融業界でもBCPは重要なキーワードで、万一の際に金融インフラに支障が出ないように様々な対策をとることを金融庁から命ぜられているのだとか。
この大手地銀様も、南海トラフ大地震の際の被害想定にて、津波浸水域にある支店に関しては有効な対策を取らなくてはいけないとの事で、下田支店を含む数カ所の拠点に、最も有効と思われる津波対策の一つ、津波シェルターの設置をご検討頂ける事になりました。
お伺いした下田支店は海からかなり違い場所にあるにも関わらず、近くに直ぐに非難できる高台は一切ございませんでした。しかしながらご利用になるお客様は大変多く、我々が現長している間もひっきりなしにお客様がお見えになっていました。
防災担当の行員の方のご要望は、日々訪れるお客様の為に駐車場を専有すること無く、しかし素早く乗り込める場所にシェルターの設置を検討して欲しいとの事でした。

どのような形であればこの条件を満たし、下田支店の方々や日々訪れるお客様のお役に立てるのか、しばらく真剣に考える事になりそうです。