シェルター第一号、完成確認

Sep 24, 2012

今年7月より製作にとりかかっていた日本初の救命艇型津波シェルターが、いよいよ完成間近ということで、スタッフ一同山口県の工場まで完成確認に訪問することになりました。つい数カ月前にミニチュアで見ていた津波救命艇がいよいよ現実の物になると言うことで、園長先生を始めマストレスタッフ一同心を踊らせながらニシエフ様の工場を訪れました。
日本、いや世界初の救命艇型津波シェルターの誕生と言うことで、山口県の本社には沢山の新聞社やTV局の方々も取材に訪れており、園長先生や弊社スタッフはこの偉業に付いて様々な質問をあびせられることとなりました。

DSC09407_R
地元テレビ局のインタビューに応じる園長先生
DSC09311_R
日本初のシェルターに興味津々はプレス関係者

 

訪問初日は完成間近の救命艇の確認のほか、プレス対応と地元小学校の生徒さん達による乗込み訓練も行うことになり、とても大忙しな1日となりました。

明日はこのシェルターを実際に水面に浮かべ、クレーンを使って逆さま状態から自力で復元するかどうかの実験も行う予定です。