コミュニティシェルター誕生!

Nov 1, 2012

logo

先月保育園に初納入した救命艇型津波シェルターですが、今後我が社マストレが販売店となって積極的に国内の沿岸部に提案していく事になりました。それに伴いネーミングも「コミュニティシェルター」とし、デザイナーの方に素敵なロゴマークも作っていただきました。

コミュニティシェルターとは、文字通りコミュニティ(地域共同体)を守るという意味で、家族や友人等少人数を助けるのではなく、学校や企業、自治体などのある程度まとまった人数の共同体を一度に助けるという意味を持っています。

災害時にこれに乗り込み津波の被害を逃れ命を守れたとしても、その後の復興活動は決して少人数ではできません。ある程度の人たちと力を合わせて、ともに助け合って復興の道を作り上げる事を考え、この搭乗人数、この呼び名に落ち着いてきました。今後も高台のない沿岸部で助けを必要とする方々への選択肢として、提案していきたいと思います。