「津波救命艇」を採用した、静岡県・藤枝/焼津市 総合防災訓練 豪雨にて中止に。

Aug 31, 2015

8/31(日)県内初、救命艇採用となった静岡県・藤枝市・焼津市 総合防災訓練が大井川港にて行われる予定でしたが、海上訓練のため、朝からの豪雨で中止となりました。今回の訓練概要としては「救命艇により、津波から避難した住民を、漂流する救命艇から救出し、船に収容する訓練」。前日にはリハーサルを行い、巡視船及び救命艇が雨天の海上でスタンバイしてくださっていたため、海上にて救命艇を船体が引きマスコミ対応をしてくださいました。

今回、総合防災訓練で採用されたライフシーダー(信貴造船所製作)
今回、総合防災訓練で採用されたライフシーダー(信貴造船所製作)
救命艇を使用した海上訓練に加え、ヘリコプターを使った訓練も。いずれも雨にて中止に。
救命艇を使用した海上訓練に加え、ヘリコプターを使った訓練も。いずれも雨にて中止に。
IMG_3451_R
SBS始め、各メディア対応。信貴造船所の橘社長も早朝、山口県よりお越しくださいました。